tDCSを用いたADHDモデルラットの短期記憶改善について

tDCSを用いたADHDモデルラットの短期記憶改善について

今回紹介する研究はADHDモデル動物にtDCS(経頭蓋電気刺激)を使って短期記憶の改善が見られた、というものです。

tDCSは今注目されている技術で、頭皮から電極を当て脳(特に大脳皮質)の神経細胞の活動を変え、それによって認知機能の向上や行動の改変が可能になることを目的に用います。技術的には簡単で、従来からある技術ですが、精神疾患や人の認知機能増強への応用は最近になり注目されています。著者たちがtDCSをラットに行うことで、ADHDモデルラットの短期記憶障害が改善され、そこにはモデルラットの海馬や線条体におけるドーパミン濃度が増加したことが背景にあるのではと主張している論文をどうぞ。

                                                                                                                                          ライデック代表 松澤大輔