自分を知り、自分を変えていく

企業向け 産業保健アドバイザリー

こんなことに困っていませんか?

  • 従業員の休復職がうまくいかない
  • 病者・障害者の雇用が定着しない
  • 自社に適した健康経営を提案してほしい 
  • 法令を遵守した産業保健体制を構築したい
  • 産業医機能を充実したい・産業医を交代したい ※専属産業医紹介のご依頼については、現在受けつけておりません。
  • ストレスチェックの集団分析結果を職場環境改善に活用したい
  • 産業保健活動として何をしたらいいかわからない/案はあるが優先順位をつけたい

企業には、労働災害の防止と労働者の健康確保のために、さまざまな産業保健活動を実践することが法令によって定められています。

また、単に法令遵守(コンプライアンス)のためばかりではありません。近年の産業保健活動は、健康経営という視点からも注目が高まっています。すなわち、従業員にとって魅力的な企業をつくり、労働生産性を改善し、顧客や社会への貢献を増大するための「経営戦略」として捉え、経営改善に活かされるようになってきました。

当社は、産業医、精神科専門医、健康経営エキスパートアドバイザーを中心としたチームで、企業・事業場の産業保健業務への支援サービスを提供します。

法令遵守のお手伝いはもちろんのこと、従業員のサービス向上を通じて健康経営を実践したいというご要望もぜひご相談ください。

産業保健アドバイザリー

事業場訪問、オンラインのやりとり、書類のやりとりを通じて産業医業務を中心とした産業保健業務の支援を行います。

  • 職場巡視
  • 健康相談
  • 休復職者対応
  • 衛生講話の実施
  • 過重(長時間)労働者面談
  • 衛生委員会への産業医の実質的な参加
  • 健康診断後のフォロー(就業判定、保健指導面談)
  • ストレスチェック後の高ストレス者面談・集団分析結果の評価
    など

業種別の提供実績

運輸業(鉄道、航空、道路貨物、倉庫業)、建設業、製造業、介護業、娯楽業、小売業、宿泊業、金融・保険業、学術研究業、派遣業

産業保健業務の臨時ヘルプ

産業医業務を中心とした産業保健業務について、単発~少数回の臨時支援を行います。

  • 産業医選任義務のない50名未満の事業場での産業保健業務
  • 貴社ご契約中の産業医が対応しきれない業務のヘルプ

健康経営コンサルティング

健康経営に取り組もうとする企業・経営者様に対して、行政の施策や外部リソース等の情報提供、実践支援を行います。経済産業省の「健康経営優良法人認定」取得を目指す企業・経営者様も、ぜひご相談ください。

  • 健康経営ヒアリングと診断
  • 健康経営施策の提案

業務の提供エリア

千葉市、船橋市、習志野市、およびその周辺地域
オンラインミーティングや書類のやりとりのみの場合は全国対応可

お申込み

お問合せフォームかinfo@tridc.co.jp宛にご連絡下さい。その際以下の内容をお知らせください。
1.ご担当者様のお名前
2.企業名、事業場名
3.ご連絡先
4.事業場の人数
5.ご依頼の内容、目的
6.ご想定の利用期間

基本的なご利用の流れ
  • お問い合わせ → 担当者によるご要望のヒアリング → 業務委託契約締結 → 業務提供
    (業務提供の前に追加のヒアリングが必要になる場合があります)

お支払いについて

契約内容に基づき、年単位、半年単位、月単位のいずれかでお支払いをお願いします。